バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

メッシュシートカバーで夏のケツ蒸れ対策!【サマーシートカバー】

夏のライディングには欠かせないのがメッシュジャケットとグローブ。ですが、もう一つ「これは外せない!」というのをご紹介します。

夏のバイク乗りの天敵、「暑さ」と「蒸れ」

暑くなってくると特に気になるのがお尻が蒸れること。もうツーリングとか行くと汗だくになってたりします。むしろここが一番汗かいてんじゃないかってぐらいに。

で、それをどないかできるものはないかと探してみたところ、バイクのシートにかぶせるメッシュシート(サマーシートカバー)というのがありましたので、期待を込めて買ってみました。

今回買ってみたメッシュカバー(サマーシートカバー)

ホントはサンダーバードスポーツ用のシートカバーがあればいいのになと思ったんですけど、売ってる気配すらなかったので、今回は汎用モノにしてみました。(ラフ&ロード・MINERVAのサマーシートカバーです。)

※バイクによっては、ソレ専用のメッシュカバーがあるみたいです。シートにジャストフィットしてて、とっても良さげです。

サンダーバードスポーツのシートの大きさ

サンダーバードスポーツのシートの寸法

シートの大きさは一般的なバイクと同じくらいだとは思うんですが、参考までに。

メッシュカバーのアップ写真

ちなみにメッシュカバーを近くで撮ったもの。意外と厚みがあって層ができてます。

被せ方とメッシュカバー装着後のバイク

メッシュカバー装着の図

メッシュカバーとシートを裏返しにして、ゴムを引っ張ってシートを矢印の方向に入れていきます。もうめちゃくちゃカンタンですよ

締め方

入れ終わって緩いと思ったら、ゴムを引っ張って下さい。締まります。

サマーシートカバー装着完成の図

思ってた以上にダサくないかなと。

今回買ったのはタンデム用シングル用もあるので、この辺は用途によるかなと。最近タンデムすることが増えてきたので、さすがに自分だけ快適なのもどうかなと^^;

実際効果はあるの?劇的に改善されてるの?

シートをバイクに戻した時の図

実際に走ってみたところ、劇的に蒸れが改善した!とまではいかないんですが、夏は信号待ちで全身が汗ばむと思うんですけど、バイクが走りだすと風で涼しさを感じますよね。その涼しさがオシリにも入ってくるという感じです。スーーッとするんですよ。

※メッシュがケツに食い込んできて痛いのかなと思ったんですが、これは全く気になりませんでした。逆にクッションのようになっているので、硬めのシートのバイクには思わぬ恩恵があるかも...ですね。

サマーシートカバーのココが涼しい!

じゃあ何で劇的に涼しくないのかというと、確かにオシリは涼しいんですけど、太ももとかは微妙にメッシュカバーが覆われてるところから離れてるんですよ。

大体、蒸れるのってお尻とふとももの上の方だと思うんで、その半分が解消されるというもの、だから劇的とは言えないわけなんです。ただ、そんなに高価なものではないので、僕は買ってよかったかなと思ってます。蒸し暑さをちょっとでも軽減してツーリング楽しみたいですしね^^

専用品を求めてる方は  NOT汎用!特定のバイク用メッシュシート(サマーシートカバー)一覧をどうぞ

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop