バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

ヘルメットおさらいガイド ~機能とメーカー

規格や種類の後は実際の「モノ」です。半キャップタイプは論外としてジェットやフルフェイスだけでもメーカーにより価格は本当に様々です。安価高価が並ぶ中で一体何が違うのかを少し説明していきたいと思います。

※メーカーによる差はありますが、ここは機能に絞って説明してます。

値段の差は一体何なのか

通気性(エアダクトの有無)

エアダクト

ヘルメットは頭部をガッチリガードしていますので、「頭を覆いっぱなし」です。そのため、そのままだと頭部がムレてムレて不快になってしまいますので、通気口(ダクト)より、外気を取り入れて快適性を維持します。

このエアダクトについては、有名メーカーの下位クラスのヘルメットにも付いていますが、ファッション性の高いものや安価のものには付いていなかったりします。

※個人的にはこのダクトがないと夏のツーリングは無理なので、ダクトがついてないものは基本的に買いません。無風は辛いです。

あと、ダクトの数が値段に反映されることもあり、上位クラスのヘルメットはダクトの数が多かったりします。やっぱりダクトが多いとその分風の流量も多くなるので快適ですね。もし風を入れたくなければダクトを閉めればいいだけの話ですから、あって損は全くありません。

軽量性

見た目や形状などでヘルメットの重さは前後することがありますが、走行時にずっと着用するものですので、なるべく軽いものが望ましいと言えます。

道交法では「ヘルメットは2キロ以下」と決まってますので、2キロ以上のものを選ぶことはありませんが、上位クラスは比較的軽量であるかなという印象を受けます。

僕が高校生の時は下位のクラスのフルフェイスを着用しており、まぁサイズがピッタリでなかったこともあったのですが、何か重いなぁ・・・と感じてました。その後ビッグバイクに乗り出した時に購入した上位クラスのフルフェイスは、「ヘルメットって案外軽いもんだな」と感じました。

もちろんタイプによって色々と違ってくると思うんですけど、そういう傾向にはあるという認識は持っておきましょう。乗り方によって疲労位置も若干変わりますが、軽量であることに越したことはありませんので。

着脱可能かどうか

インナー取り外し図

年中バイクに乗っていると、少なからず汗をかくシーズンというものが到来します。当然ヘルメットにも例外なく汗がしみこんでしまうわけですが、ほったらかしであると不潔であることは言うまでもありません。

そこで中のパッドを取り外しできるものが存在しており、有名メーカーの中位以上であると大体取り外しが可能みたいです。現在確認する限りではアライのヘルメットはほとんどのモデルで取り外しが可能のようです。

これ取り外しできると本当に便利です。夏とかドッサリかいた汗をパッドがぐんぐん吸収してくれているわけですから、ムチャクチャ洗いたくなるんですよね。ここは清潔さを保つ上では外せない項目であると思いますよ。

各メーカーの紹介

では、えらく引っ張りましたが、有名なヘルメットメーカーを少しだけ紹介します。日本国内ではAraiやSHOEIが有名ですが、他にもOGKなどもあります。ただ、そこまで腰を入れて紹介したいと思うほどでもありませんので、有名どころだけ紹介しておきます。

ちなみにArai・SHOEIの上位クラスのヘルメットは基本的にサイズ違いなど以外では損はしませんので、「間違いない」ヘルメットと言えます。

AraiとSHOEI

「バイクのヘルメットと言えば~」というお題があがったなら、僕はAraiかSHOEIを挙げます。

一般的にアライは社内独自の「アライ規格」を設け、SNELL規格が通ったものをアライ規格の審査を通し市場に出すと言われており、ショウエイについてはアライほどの厳格な規格を通している、というわけではなさそうですが、快適性に優れていると言われてます。

じゃあどっちがいいのか、と聞かれそうですが「どっちもいいです」というのが正直なところです。二社ともかぶったことがありますが、実際意識して比べてみたことはありませんので、何ともいえないというのもあるんですけど^^;

二社とも細部に違いがあるにせよ、優劣つけがたいところです。ただ、人それぞれ頭の形が違いますので、合う合わないがあります。個人的に思ったのが、同じサイズでもアライはやや小さめ(タイトという表現が正しいかも)、ショウエイはやや大きめかなという印象を持ってます。

僕は頭のサイズが大きいので当初ショウエイのLサイズのフルフェイスを被ってましたが、フィットしすぎて少ししんどかったので、アライのXLに変えました。タイトフィットですがサイズが大きめなのでピッタリ、というエピソードがあります。(二社とも形に若干の特性があるみたいです)

実際にショップに行って比べてみることが重要ですので、僕みたいにショウエイがちょっとしんどい場合は一つ上のサイズのアライを、逆にアライがしんどい場合は同サイズのショウエイをという感じで、試してみてください。

何度も言いますが、どちらも優劣つけがたいので気に入った方を買って下さいね。あと、性能面から言うと一番上のクラスか、上位クラスのものをお勧めします。見た感じでわかると思いますが、低価格帯のものとはやっぱり差が出てしまうので。

かぶり比べるときも、二社の同じクラスに相当するのものをチョイスしましょう。

MOMOデザイン

どこで知ったのかはもう定かではないですが、とにかくカッコいいヘルメットはないのかと捜し求めて見つけたのがこのMOMOデザインのヘルメット。イタリア発ともあって、ヨーロピアンなスクーターなどにはベストマッチするであろうと思われます。

規格はSGとEUを取得しており、安全面では特に問題は見受けられません。単色の美しさや独特の作りがライダーを魅了しますが、高価なのが最大のネックです。アライやショウエイの最上位クラスを上回りますから、要る要らないではなくて欲しい欲しくないで判断する世界ですね。

機能面では内装にメッシュを採用して通気性を確保しているようですが、アライやショウエイのようにダクトがついてません。なので、実際夏場とかに被るとどーなるのやらというのが気になるところです。(意外といけるのか?)

で、確かにデザインはカッコいいですが、アライ・ショウエイの単色メットはバイクを選ばず馴染んでくれるのに対して、MOMOはちょっとバイクを選んでしまうんじゃないかなぁって思います。

センスのよいヘルメットですが、合わせるセンスがいるヘルメットでもあるなというのが僕の持っている感想です。

色々と販売しているサイトを見回ってみましたが、ほぼ完売状態です・・・。値段は公式サイトにあるものと差はほぼありません。店舗販売している店へのリンクもありますので、欲しい方はぜひGOです。

シューベルト

日本国内ではあまり馴染みが無く、僕も最近まで知らなかったこのシューベルトのヘルメットですが、世界的には有名なようです。

調べてみると、BMW純正ヘルメットを生産していたり、F1レースで採用されていたりなど、認知度の高いところで使用されているみたいで、F1のミハエル・シューマッハが当時契約していたメーカーに違約金を払ってシューベルトのヘルメットに変更したというエピソードもあるみたいです。(僕はF1詳しくないので知りませんでしたが)

日本国内で有名ではなかった理由は、SG規格を取得していなかったからのようで、現在(2008年11月時点)で販売されている「J1」「S1」「C2」「R1」についてはSG規格を取得しているようです。

と、最近知ったので言えるのはここまでぐらいです。他にもっとわかりやすく解説してくれているユーザさんのブログや公式サイトを見たほうがわかりやすいので、下記にリンク貼っておきます。特にこのユーザさんのレビューはとてもわかりやすく読んでて結構面白いのでぜひご一読下さい。

ヘルメット選びに迷っているビギナーライダーさんへ

ベテランライダーや既にバイクに乗っている人は、もう自分の好みなどもわかっているかと思いますので、これからバイクを買う人向けに書こうと思います。

ここで紹介した以外にもメーカーはたくさんあるんですけど、初めて買うならアライかショウエイの上位クラス(4万円ぐらい)をお勧めします。

性能面や機能面において、両メーカーの上位クラスあればフィッティングを間違わない限り、不満に感じることはまずないでしょう。もっとも、ベテランライダーと違って初めてのヘルメットなわけですので、比較対象となるものがないというのもあるんですけどね。

もっとも上位クラスを買わないと大問題だというわけではありませんので、予算が足りない方は「出せてこれくらい」の額でもいいと思います。要は変にケチって後で後悔するのだけはやめましょうということです。

僕の周りのバイクを持つ友人らは「安物ヘルメットは最悪や」という事を言いますが、これについては反論の余地はありません。個人によって「アレがダメ」「コレが最悪」というのは異なってくるんですが、どれも「それは嫌やな」と言えるものでした。(明確に記憶できていませんが、いずれも着心地に関するものです。)

いずれにせよ「やっぱりあのヘルメット買っとけばよかったな」と思わないように、買って欲しいです。快適性は概ね値段に比例すると言っても過言ではありません。バイクに乗る時はいつも着用するものですから、キチンと選びましょう。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

ユウヤ

F1のヘルメットといえば、
ひとつで大体300万円くらいするらしいですよ。
なんで、そんなに高いのかは、分かりませんけど...

最近、ずっと受験勉強でこのサイトを
見てなかったから、たくさん
更新されてんのかなぁ?と思ってたら
全然してませんでしたね!!(笑)
でも、おかげ様で
120人中35番をとることができました。
いつもと比べると結構、順位アップです。
これで一歩、高専に近づきました。

それと、最近ポケバイのバッテリーコードを
僕の家の犬が噛みきってしまいました。
直りません...
つなごうとしたら、ショートして
煙が出てきました。
ネットオークションで買ったので、
バッテリーコードは、もう注文
できそうにもないし...

2008/12/23
センゴク

ユウヤさん、こんばんは。

300万円ですか。安全性が優れている・・・と一言でくくれそうにない金額ですね。
(バイク何台買えるねんという話ですよ^^;)

> 全然してませんでしたね!!(笑)

ははは・・・(苦笑)ちょっと他の事に没頭し出すとコレです^^;
器用じゃないので、なかなか両立できないんですよね・・・、
いや申し訳ないです m(_ _)m

受験勉強は順調みたいですね。順位上げて自信とその裏付けを
積み重ねていけば達成できるはずです。慢心せず進んでいきましょー^^

お犬さん・・・・。エライ事をやらかしてくれますね。彼にとってはただの線ですが、
こちらにとっては重要なコード・・・。

この温度差に気づけというのも無理な話ですが、こりゃ泣くしかないですねぇ・・・。

どれかはわからないですけど、
バイクブロス(http://www.bikebros.co.jp/B1000.doit)
とかに売ってないもんでしょうか。
(オークションはやらないもんでして^^;)

2008/12/28
ユウヤ

バイクブロスとかいうの見てみたんですけど、
その、ちぎれたバッテリー充電器が
なんていう、名前かも分からないし
同じようなのが、たくさんあって分からんです。

でも、高校に入ったら寮生活になりそうなので、
どうせ、ポケバイに乗ることができないので
もう、忘れます。
でも、高校二年生からは、バイク通学ができるので
後、一年間の我慢です。

ところで、他の事に没頭とかいてありますが、
何のことですか?
仕事?バイク?新しいサイトを作るんですか?
まぁ、なんにしろ、色んなことに興味を
持つのは、いいことじゃないですか!!
センゴクさん、がんばって下さい!!(^^♪

2008/12/29
Sae

イギリスからです♪
現地で新しいヘルメットを探しているのですが…

日本人の頭って、ハチが大きいですよね?
イタリア製のでハチのサイズに合わせると、メット自体が大きくて、まるでメットが歩いているみたいになってしまいます…

値段は倍でもaraiかShoeiのだと、付け心地も見た目もとてもしっくりくるので、ここは清水の舞台から飛び降りたつもりで、どちらかに決めよう!…でもどちらがいいんだろう??
と思ってネットサーチしていてセンゴクさんのサイトにたどりつきました。

貴重な情報、ありがとうございます♪

そうそう…私たちも、
この夏、バイクを買い替えたところなのですが、
サンダーバードにするかタイガーにするか
ものすごく迷ったんです~
結局、長旅の快適さを考えてタイガーにしたのですが…
サンダーバードには、むちゃくちゃ後ろ髪引かれる思いです。
うらやましいです!!

2010/10/26
センゴク

Saeさん、こんばんは。

いえいえ、お役に立てたみたいで光栄です。

メットが歩いてるみたい、というの凄くわかります。
シューベルト製のヘルメット買って、まさに僕が
それになってます(笑)

日本人はやっぱりaraiかShoeiが一番いいと思います。
軽くてスマートなのが最高ですよね。お金出す意味も
あると思います。


タイガーって僕知らなかったんですけど、個性的な
バイクですね。どことなくヤマハのTDMに似てます。

いいじゃないですか。やっぱツーリングメインになると
旅仕様のバイクがいいですよ。SB買って後悔はしてま
せんが、やっぱりツーリング仕様のバイクはうらやま
しいです^^

2010/11/03
yuki

はじめまして、私はF1ファンなんですが、いくら、F1用のヘルメットでも、300万もしませんよ…
80年代のF1用ヘルメットで大体30万くらい
現在のでも、100万以下ですよ…

2010/11/21

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop