バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

ハーレーの「純正品」

「ハーレー」と言われると、渋いオジサマが乗っているというイメージがあります。僕も何度か乗りたいとは思っているんですが、なかなかそんな機会がなく、しかもある程度状態のよいものを求めると、値段が楽々100万を超えていきますから、購入に至るには自分的にかなり遠い道です。

いつかは買ってやろう、いつかは乗ってやろう、そう思えば思うほど憧れだったり夢みたいなものをハーレーに抱くわけですが、まだまだ道は遠い。雑誌で見たりはたまたバイク屋さんで少しビビリながらまたがるのが精一杯です。

そんなことを思いながら、バイク雑誌をパラパラとめくっていたのですが、その過程でとあるページにこんな記述がありました。

「ハーレーやBMWでは純正品ラインナップもある、電熱ウェア。」

「そ、そうなの?」というのが正直な感想。あたかも「当たり前ですよ、ホホホ」と言わんばかりの紙面を見て、早速ハーレーのホームページに行くと、驚くほどのゴキゲンなオプションたちが揃っておりました。

電熱ウェア

ある意味純正と言える電熱ウェア。ハーレーは色々なウェアを出しているので、純正と言えば純正かなという感じがします。この電熱ウェアはジャケットなどからコードが出ており、詳細な説明は省略しますが、最終的にそれがバッテリーにつながり、そのバッテリーのチカラでウェアを暖めるという、寒い冬にはありがたいシロモノです。

しかし、ハーレーウェアはもともと高価なことから、やはりエエ値段がします。詳細は下記の通りです。

  • ヒーテッドジャケットライナー ¥40900
  • ヒーテッドパンツライナー   ¥28300
  • サーモスタッド(バッテリとウェアの間に接続するもの)¥20500
  • ヒーテッドグローブ       ¥29600

これではなかなか手が出せません。もちろん、ほしい人は買われるのでしょうが、少なくとも僕には手が出せません。(エエ服が買えますし。)

純正グリップヒーター

そこまで驚くシロモノでもありませんが、詳細を見ると少しビックリ。六段階の温度調節もなかなかですが(ホンダ製は5段階)、そのグリップにデザイン性が追求されているところが見事です。ある程度不恰好になってしまうことを考えなければいけないグリップヒーターですが、これくらいカッコいいと「あ、自分のバイクにつけたいな」と思ってしまいます。(注:当然、ハーレーにしか対応しておりません)

で、少しお約束感がありますが、やはり高価でした。値段はグリップ込み(多分)で6万円ぐらいします。うーん、やはりハーレーカスタマイズは道楽の領域になるのか?と考えてしまいますねぇ。

ヒーテッドシート

これが結構すごいのではないかと思います。クルマでもある程度のグレードでないと付いていない、温度調節シート。このハーレーに至っては発熱機能のみですが、他のバイクには見られない機能ですので、かなり画期的ではないでしょうか。

さらにLEDのインジケーターがオプションでつけることができ、設定温度を確認できるとのこと。セルスターターの近くについているのですが、これがまた後付け感がなくて、見事にハマっています。

・・・しかし、やはり高いのです。ラインナップ全て10万を超えていきます。(お約束)

ただ、僕は逆に冷却用のシートなんかがあればいいなと思います。座席は座ってれば耐えきれない程の冷たさからはある程度開放されますが、夏の座席のムレっぷりはどうしようもありませんからね。

値段や実用性はともかくとして、なかなかハーレーのホームページは面白いです。皆さんもお時間のあるときにのぞいてくださいね。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop