バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

バイクの車種とスタイル選定2

「バイクにはどんな種類があるの?」シリーズその2.今回はアメリカン・トラッカー・オフロードについて説明します。

アメリカン

ネイキッドと横並びで有名なバイクと言えばこの「アメリカン」。文字通りアメリカで作られたタイプのバイクで、「アメリカン」という呼称は日本独自のもので、世界的にはクルーザーと言われているバイクです。

遠出OK。威圧感OK。ちょい高価な乗り物

元々アメリカの広大な道を走るために、長距離な直線の道を長時間をゆったりと走行するために設計されています。そのため、ポジションはツアラーよりも楽で、足つきも良好です。外観のインパクトが強く、代表的なメーカーがハーレーダビットソン。日本にも数多く販売店があり、輸入車の販売体制はハーレーが一番かなと見受けられます。

ツーリングに行くとアメリカンのチームを見ることが多く、サイドカーとして使っている人もいます。また、その中でも「クラシック」「チョッパー」など、外観のバリエーション名もあり、この辺りが他のジャンルのバイクと異なるところかと言えます。ツーリング先でもアメリカンに乗っている人に会うことも多く、峠道は厳しいものの基本的に遠出に向いてるバイクですね。

販売されているアメリカンの排気量はもちろん250ccもありますが、多くは400ccからです。個人的には大型クラスのアメリカンは威圧感があってカッコいいなと思います。しかし、価格も少し高価で、ハーレーに至っては手がだせないなぁと感じますね。いずれは乗ってみたいジャンルのバイクです。

アメリカンのまとめ

メリット
  • シート高が低いので背が低い人にはオススメ
  • ハンドル位置もゆったりしているので楽
  • 女性が乗ると物凄くカッコよく見える
デメリット
  • ネイキッドと同じく走行風を全部受けてしまう
  • 運転に支障があるほどではないが、カーブは曲がりにくい
  • 価格はピンキリだが、やや割高。ハーレーは基本的に高価
向いている人
  • ゆっくり走りたい人
  • バイクに男臭さを求める人

ストリート

ストリート
メーカー別バイク例
HONDA FTR
YAMAHA TW
SUZUKI グラストラッカー
KAWASAKI Dトラッカー

「ファッションバイク」としての位置づけが強い「ストリート」。小型で軽量のものが多く、そのため撮り回しが楽で街中でも見かけることが多いです。カスタムパーツも豊富でビッグスクーターが流行る前までは絶大な人気を誇っていました。(今は少し下火かな)

自分色に染めてこそ、活きてくるバイク

何度か乗ったことがありますが、ホントに軽くて女性でも十分扱えます。ただ、絶対的な性能を備えているわけではないので、全体的にパワー不足。加速も少し不満ですし、何より最高速も満足いかない感じなので、高速道路とか走るとなると少し辛いかもですね。ツーリングにも行けますが、ちょっとシンドイかなと思います。

価格面に関してはかなり手頃なので、非常に手が出しやすいバイクではあります。ツーリングとかではなく、街乗りやファッションとして買うなら最適なバイクだなと思いますが、カスタムしてナンボみたいなところはありますので、ライダーのセンスの見せ所でもありますね。

メリット
  • シート位置が低く乗りやすい
  • カスタムしやすいので、自分の個性が反映しやすい
  • 価格が安い(新車でも手が出る値段です)
デメリット
  • 加速力、最高速、ともに力不足を感じる
向いている人
  • オシャレライダーを目指す人
  • 街乗りがメインでツーリングはあまり想定していない人
  • 重いバイクをさけたい人

オフロード

オフロード
メーカー別バイク例
HONDA XR250
YAMAHA セロー225
SUZUKI ジェベル200
KAWASAKI スーパーシェルパ

舗装されていない荒れた道や林道などを走行でき、段差など色々な状況に対応するため、車高は高め・タイヤはブロック状・サスペンションのストロークは長めなど、その特性が強く出ています。道なき道を走れる唯一のバイクでしょう。

一度は乗って無茶やってほしい、そんなバイクです

車体停止時に悪路突破する低回転域の力強さと車体の軽さもあってか、初速はかなり速く、以前に乗っていた大型ネイキッドで信号待ちで横並びとなったオフ車と出だしだけ競争したところ、あっさりと置いていかれました。さすがに高速では苦しいですが、低速だけならオフロードがNo.1なんじゃないかなと思います。

また、前述の通り一番その力を発揮するのが荒れた道です。川原とか砂利道とかではオンロードのバイクとは違って難なく走っていけます。一度友人が持っていたオフロードバイクで川原のデコボコ道や砂の山を駆け上がったりしたのですが、変な衝撃がほとんどなく、他のバイクにはない楽しさがありました。

シートはカタログ値ではかなり高い数値ですが、座るとサスペンションが沈み、車幅も細いのでそれなりのところで落ち着いてくれます。高いことは高いのでつま先立ちになる場合もありますが、車体が軽いのでグラグラすることはないと思いますよ。

メリット
  • 車体がとても軽く、初速はかなり速い
  • オフ(林道、川原)も走れ、実は万能なバイク
デメリット
  • 最高速となると少し不安がある
  • 一般ウケしにくい。
  • シートが高めなので足つきがやや悪い
向いている人
  • アウトドアが好きな人(どこでも走れるバイクだから)
  • とにかく無茶したい人。(程々にお願いします)

次はビッグスクーター、クラシックです

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop