バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

【2012年度版】管理人のバイク保険見積例

以前に書いた「管理人のバイク保険見積もり例」ですが、記事を書いて5年ほどたってしまっているので、改めて見積もりをしなおしてみました。

今入っているのはあいおい損保。しがらみは「レッドバロン」

保証内容もサービスも似通ってるなら、より安い方へ!といいたいところが正直なところなんですけど、僕ってレッドバロンユーザーなので、あいおい損保を解約すると、必然的にレッドバロンのロードサービスが受けれなくなるんです。

なので、レッドバロンユーザーである限りはあいおいから離れるのは得策ではありませんので、ここでは見積例だけご紹介します。それでも結構安くなりました。(ロードサービスについてはまた別途お話しします)

30歳を超えると金額が安くなります。

徐々に安くなってきてはいたんですけど、10代の時なんか10万近くしてた保険料が今や2万円をきってるわけですから、若い人はそれだけ事故起こしやすいと思っているんでしょうね、保険会社は。

今僕は31歳なんですけど、20代前半のころと比べると「事故った」という人はかなり少なくなりました。あ、同年代前後で、ですけどね。

何というか、別にテクニックが向上したわけじゃないんですよ。ガンガン飛ばしたいとか攻めたいとか特に思わないし、バイクで急ぐっていう状況にもあまりならないので、単に事故を起こしやすい原因が減っただけ思うんですよ。

だからというわけではないですが、2002年にオカマを掘った時に初めて保険を使いましたが、それ以来出番がありませんでした。そりゃ無いほうがいいんですけどね。

今回見積もり依頼を出したのは2社

「ウェブクルー」の運営する「ズバットバイク保険」経由で「三井ダイレクト損保」「チューリッヒ保険」の2社から見積もりを取りました。

ウェブクルーは「保険スクエアBang!」って名前のサービスも前からやってます。保険の一括見積もりサイトとしては老舗の会社じゃないですかね。これだけ流行り廃りのあるネットビジネスで10年続けれるってのはすごいことですね。ズバットは2010年にできたウェブクルーのポータルサイトのようです。

話がそれました。それでは、見積結果を御覧ください。

【2012年度版】僕のバイク保険見積結果

  • 年齢:31歳
  • ノンフリート等級:14等級
  • バイク:トライアンフ社 サンダーバードスポーツ(900cc)
  • 年間走行予定距離:3000km未満
補償名 あいおい損保 三井ダイレクト チューリッヒ
対象年齢 30歳以上 30歳以上 26歳以上
対人補償 無制限 無制限 無制限
対物補償 無制限 無制限 無制限
搭乗者傷害 300万円 300万円 300万円
人身傷害補償特約 無し 無し 無し
自損事故傷害特約 1,500万円 死亡:1,500万円
後遺障害:2,000万円
1,500万円
無保険車傷害特約 2億円 2億円 2億円
インターネット割引 無し 3000円割引 1000円割引
年間保険料 19,200円 11,540円 12,420円

かなり安くなりましたね。元々の保険料が安いので金額的なインパクトは薄いんですけども。

三井ダイレクト・チューリッヒのサービスについて

故障やトラブル時にレッカーしてくれたり駆けつけてくれたりするサービスが2社ともにあります。○○kmまでレッカーサービスが無料だったり、バッテリー上がったら駆けつけてくれたりなど色々です。

具体的にどういう時に困りそうかというのがポイントになるのですが、これはまた別の機会にご説明するとして、「同じ補償で少しでも保険料が安くなれば」という人は一度お見積りをススメます。無料ですし、営業電話は一切かかってこないですしね。

次は盗られてから遅い!?「盗難保険を考えよう」です

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop