バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

飛騨高山牛々ツーリング1 ~白川郷へ行く

前々から行ってみたかった岐阜。今回は世界遺産で知られる白川郷を中心にぐるぐると旅してきました。

2011年8月12日 AM6:00

夏の暑さのピークだった当日。顔洗ってびしっとしたのに、メッシュジャケットを羽織ってグローブを付けると、あっという間に汗だく。なんて無慈悲な暑さなんでしょうか。

さて、今回のルートはこんな感じです。距離もそこそこで高速メインなので楽チンですね。高速料金がもとに戻ったのが残念でなりませんが。

AM8:00(多賀SA)

「らくじゃりあす...」

ハーレー軍団のオジサン達とちょっと話をして、朝食に。そのなかでこれが気になったので買ってみたんですが、

トマトの風味を少しシバいて、人工的な甘味を足してる感じです。100%ジュースを炭酸にしたものを期待していたので、ちょっと残念でしたねぇ。

AM11:00(某SA)

ソーダソフトを食べながら、残りの経路を確認。思っていた以上に早くつきそうなので、結構だらだらしてたらいつの間にか12時をまわりそうだったので、すぐGO。悪いくせです。

PM2:00(白川郷 食事処いろり)

白川郷に入ってすぐにある「いろり」。合掌造りのお店で食べれるだけで満足です。

いろりとか

ぶらさがってるサムシングとか

日本の歴史が息づく...とか難しいことはわからんのですが、雰囲気を大切にされているので、期待してた岩魚定食の岩魚の

塩っけがなくても全然OKです。(塩焼きと間違った僕が悪いんですが)

PM3:00(白川郷 城山館)

合掌造りの街ならば、それに近い建物に泊まりたいということでチョイスした城山館さん。門構えは古く、国の重要文化財に指定されているので安易に増強や建て替えもできないんだとか。

なので、妙におしゃれレトロな感じでもないんですよ。そこがいいんですよね。古い感じがそのまま残ってますし、部屋は狭いんですが(六畳一間ぐらい?)、中庭には緑いっぱいで裏手は川が流れているので、ロケーションがとってもよかったりします。

詳しくは下記の写真を!とってもおすすめですよ。

※クリックすると拡大表示します

あと、お宿の娘さんが韓国風の美人さんです。無条件にテンション上がります。そんな娘さんから

「一緒にお風呂入りましょ」って意味じゃなく、宿のお風呂壊れてるから近隣の温泉で汗を流してくださいとのこと。

何となく不幸中の幸いなのかなと思いました。

PM3:40 白川郷食べ歩記

歩いた感じはハイグレードな田舎という感じでしょうか。人の手が程良く入って昔の風景を保ち続けています。

※クリックすると拡大表示します

あと、歩いてると五平餅とかみたらし団子とかどぶろくジェラートとか誘惑がすごいです。

...お察しのとおり、いつものごとく誘惑されました。

まずは「どぶろく」と「とちの実」のジェラート。うまーい。

そして、「どぶろくと五平餅」のセット。あろーい。

最後にしょうゆ味のみたらし団子。うまーい。

太ります。ほんっとに太ります。でも旅だから我慢しちゃダメ。そう言い聞かせて、合掌造りの家を回りました、訳あって写真は翌日とったものですが、合掌造りの家の内部はこんな感じです。

※クリックすると拡大表示します

PM6:40 城山館主人によるドライブツアー

宿についた時に宿のスタッフさんが

「7時から宿の車で観光案内させてもらってますが、よければどうですか?」

と聞いてくれますので、僕らは参加することになってました。(無料です)

やっぱり地元の方に案内してもらうと、良いスポットを効率よく回れる のでいいですねぇ。

これはよくパンフレットに写ってる合掌造りの写真。多分どんなカメラ で撮影しても綺麗に映りますよ(笑)

続いて展望台。iphoneだったので日が沈んだあとの風景がうまく撮れず。 悔しかったので次の日の朝にもっかい撮影したのが↓(笑)

個人的には夜景の方が良かったですね。日本昔ばなしみたいな感じが 出てて。

程なくして宿に戻り、ふと夕食をつけてなかったことに気付き、宿の主人にお勧めのお店を聞いて、腹をすかせた我々は早速お店に向かうのでした。

次は3食続けて飛騨牛を食う?「肉と肉、そして肉」です

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop