バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

能登半島・日本海巡りの旅 ~まとめ編

久々のミッションバイクのツーリングだった能登半島ツー。まとめに入りたいと思います。

想像以上だった能登丼の余波

能登半島をあげての町おこし・・・かどうかはわかりませんが、至る所に能登丼のチラシがあり、結構力を入れてるんだなと感じました。

旅行すると比較的食にはこだわりたくなるものですが、そういう状況に対して能登丼は非常に食いつきがいいものなんじゃないかと思います。

まさか「1時間待って」「もう終わりました」とか言われると思ってませんでしたが、予想以上に反響があるんだなと感じました。だってどう考えてもおいしそうですもん(笑)

非現実な光景「なぎさドライブウェイ」

僕がツーリングに望むものは「日常じゃ絶対見れない光景」。これが年々ハードルが上がってきてまして、少々の景色では驚かなくなっているんですが、「なぎさドライブウェイ」にはビックリでした。

オンロードバイクの天敵である砂と水、この上をスイスイ走れるし近くに波が来てるし、絶対あり得ない風景です。まぁナンダカンダでちょっと怖いんですけどこの道は。

ちなみに友人の話によると、この道って地元の教習所のコースになってるとか。地元の人は慣れてるからあんまり感動しないのかな。どうなんでしょ。

一日で周れそうで周れないぞ能登半島

日帰りじゃ無理とはわかっていましたが、一泊二日で十分だと思っていた能登半島ツー。本当は一周する予定でしたが、時間的にかなり厳しく半周しかしていません。

というのも、意外に見所がたくさんあって周りきれないんですよ。朝市はちょっと長く滞在しないと損だし、メシはいいところで食いたいし、崖はみたいし、棚田も・・・ってなると一日じゃ足りないです。少なくとも大阪発のツーリングでは。

ゆっくり周るなら2泊3日でもいいんじゃないかと思います。GW中は朝市付近は混んでましたが、そのほかの道はガラガラ。高速なくても拠点拠点にサクッとアクセスできますし、日本海沿いの道が非常に良いですね。

海沿いの道は結構飽きるんですが、能登半島は全然飽きませんでした。場所によるのか日本海がいい感じなのかはわかりませんが、海がちょっと好きになったツーリングでした。

例年に無く寒さに苦しんだツーリングでした。雨が降ろうが降るまいが雨具は必須です。

能登半島ツーリングデータ

項目 内容 コメント
走行距離 約890km 意外と北陸は遠かった。
ツーリング費用 約35,000円
  • 食事:8,000円
  • 燃料:6,000円
  • 高速:12,000円
  • 宿:6,000円
燃費 約20km/リットル 給油回数:4回
総写真数 175枚 久々に海を取りまくり。
食事処 千里浜レストハウス 貝めしはまぁまぁ。オーシャンビューが良い。
信寿し 雑誌に載るだけあっておいしい。珍味好きにはお勧め。
夢一輪館 蕎麦だけでだいぶ待つ。肉はおいしい。
立寄り所 千里浜・なぎさドライブウェイ 今回一番よかった場所。お勧め。
輪島朝市 地のモノを探すならココでしょう
白米の千枚田 海と棚田の組み合わせがオツです
ヤセの断崖 危ないけど、非常にスリリングです。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop