バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

デグナーのサイドバックをつけてみた感想

フォルツァの利便性よりサンダーバードスポーツのビジュアルを選んたことでバイクに積めるものがエラく減ってしまいました。ある程度は仕方ないんですが、ビジュアルを保ちながら、収納スペースを確保したいと思い始めたのが購入した次の日です。(必然かも)

カッコいいけど高い。でも気になるアレ

で、ネットで色々と探してみたんですが、なっかなか良い品にめぐり合えず、お金かけてワンオフでサイドバック(サドルバック?)作ってもらえそうなところ探そうかなと思いはじめたところで出会ったのがデグナーさんのサイト。革がメインで非常にカッコよろしい。

ただ、率直な意見はコレ。

「センス良いけど、革って(値段)高ぇ。」

ズボラな僕は革サイドバックのメンテとかご遠慮したいのです。しかも、そんなにお金出せません。(ワンオフの話は勢いです)

しかしビジュアルは崩さずにリーズナボーなサイドバックが欲しいという願望は消えません。さらに、ビジュアルがいいのはアメリカンバイクにフィットするものが多く、サンダーバードスポーツにフィットするのかどうか定かではありません。

そこで行くことにしました、デグナーの店舗に。(京都にあります)

何てシャレオツな用品店なんだろう

久々のミッション操作にオドオドしながらも、友人Mと共に店舗到着。とってもシャレた雰囲気に、一度通り過ぎて滋賀まで行ってしまいました。

色々見て周りましたが、サイドバックがとっても豊富で質が高そう。(に僕は見えます)でも3万~するモノは予算オーバーなので、何とか1万円台で且つサンダーバードに合うものを探してみて、店員さんに

「コレ、バイクのところまで持っていって、
サイズ合うかチェックしてもいいですか?」

と聞いたら、

「いいですよ」

とさわやかなお返事が。お言葉に甘えて何度か確認しに行くも、マフラーにあたってダメなのがほとんど。サンダーバードスポーツはマフラー二本出しで、ちょっと上向きなので、条件が限られてきます。

そこで見つけたのがコレ。

※ナイロンサドルバッグ

革じゃなくてナイロン製なんですけど、僕としては質保たれてるし、全然問題ないです。値段もグッと安くなって13000円ほど。2個買ってしまいそうな勢いです。

まぁ、とりあえず一つ買って、早速つけようとしましたが悪戦苦闘。サンダーバードスポーツのシートって微妙に開けづらくて、往生しまくりでした。

そこで店員さんがヒョコッと現れ、取り付けを全部やってくれました。何て素晴らしいお方。どうもありがとうございます!!

さらに、サンダーバードは珍しいようで、写真も何枚か撮っておられました。ついでに僕も便乗し撮影(いつでも撮れるんやけど)

デグナーさんの店の入り口にお客さんバイクの写真がありますが、サンダーバードスポーツがあれば、それは僕のバイクです。(多分)

取り付け後の感想もろもろ

ピッタリですね。少し諦めてた感があったので、本気で嬉しかったです。

固定するには、シートを一度外して紐でぐるぐる巻いてくくっていく感じですが、気になるのが、マフラーとの間隔が狭いので、固定している紐が緩んでくるとマフラー直付きする点です。

一度グッと締めておけばしばらく持ちますが、1週間2週間バイク乗ってなくて、久々に乗ったときとかには緩んでることが多いので、ちょっと気にかけてあげた方がいいですね。

また、ステーはつけなくとも、シート内でガッチリくくっておけば、タイヤに干渉することはありません。少なくとも今まで干渉したことはないです。

 

あと積載量ですが、レインスーツとグローブ入れたらもうパンパンです。雨具収納用と割り切った方がいいですが、逆に雨具をずっとしまえておけるのは、こういった種のバイクには大きなメリットでしょう。

それにしてもデグナーさんは親切でした。またお世話になろうと思います。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

メトロ

僕は南海の中型サイドバッグをつけました。
いろいろ試しましたが、自分でステーを作って
取り付けました。いい具合で気にいってます。
ただ、スポーツマフラーを付ける予定なので
少々不安です。マフラーに当たるかも。

2011/05/13
センゴク

メトロさん、こんばんは。
管理人のセンゴクです。

ステーはやっぱり入りますよね。僕はヒモで固定してるだけなので
しばらく時間をおくとずれてしょうがないです。

スポーツマフラーの形や向き次第で、そのバックが引き続き使えるか
どうか、って感じになりそうですね。

僕はサンダーバードスポーツなのですが、もともとマフラーが上向き
なので、バックも小さいものしかハマりませんでした。

2011/05/20

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop