バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

京都・紅葉ツーリング 前編

「寒ッ!晴れてるけど寒ッ!」(ついでにフトコロも。)

紅葉な空模様でございます

急ピッチで作ったプランを実行する当日。プラン作成時に「電車の方がエエのでは?」と思いまくりましたが、バイクを使うのが前提なのに今更「電車でイコウゼ」なんて言えるハズありません。「寒さ・人ゴミ・渋滞・食事場所の待ち」を覚悟の上、いざ現地へGOです。

メンバー紹介

今回は今年で一番メンバーが多かったツーリングでした。何でこの時期のツーリングに限って人が集まったのかはよくわかりませんが・・・。とりあえず、紹介していきます。

メンバー紹介

AM8:12(集合)

待たせたナ。いえ、すみません。

前日の用意にやられたせいか、眠たさに足を取られまたしても若干遅れてしまった僕。毎度のごとく先に付いていたメンバーに平謝りし、少々一服。そこにいたメンバーは、Mと後輩T。整備士さんは三重県に住んでいるので、その中間地点の木津という町での待ちあわせになっていました。というわけで、遅刻病の僕・腹下し気味のM・違反男の後輩Tの三人で、一路木津へ向かうことに。

AM8:40(地元~木津ルート・渋滞中)

ンなアホな。

いきなり渋滞です。奈良の紅葉へ向かう車の方々とバッティングしてしまったようで、これは完全に予想外でした。横抜けするスペースもなく、ただただノロノロと進むので、整備士さんとの待ち合わせに遅れるのは明白でした。

AM9:11(木津・合流)

何でもないところで合流。

やはり遅れてしまった我々三人。整備士さんに侘びをいれ、初対面の後輩Tを紹介しないといけなかったのですが、気の利いた言葉が思い浮かばず、

「この間スピード違反で捕まった愚か者です」(過去の自分を棚に上げる様)

と、「そりゃないぜ」的なご紹介となり、一同失笑。世間話もほどほどにして、出発の準備に入ったのですが、このまま下道を使ったら何時間かかるかわからんで、と整備士さんの忠告を受け、来た道を少し引き返して「京奈和自動車道」という有料道路を使って京都を目指すことにしました。

AM9:30(京奈和・入り口)

コウソク、コワイ。

久々に有料道路に乗ったのですが、我が愛車は本来の低スペックを露呈し、明らかな力不足を感じる始末。後ろで走る後輩TのCBRをうらやましく思いました。考えてみれば僕以外は全て大型バイクで、「何で大型持ってんのに中型乗ってるんだ?」と自問しましたが、

「車検代払うカネが無くて、フォルツァに乗り換えたんでしょ。」(自答)

と理由が明白になり、即解決。早くサンダーバードが欲しゅうございます。

AM10:00~(高速離脱~京都市外)

ダダ混みです

やはりというか、予想通り京都に近づくと渋滞が悪化。みんな考えることは同じで、今日は紅葉を見る最後のチャンス。翌日の天気予報が雨ともあってか、ホントにスンゴイ渋滞でした。

ワレモノ、注意。

こうなると、バイク走行は急に退屈になり、パシャリパシャリとデジカメさんと遊ぶ僕。ビッグスクーターは手が空くので何かとやりたい放題です。そこでふと後輩Tのバイクを撮ると、フロントカウルが割れています。

詳細をたずねると、「いやぁ、トラックに突っ込んだんスよ、ハハハ」とノーテンキな返事が。せっかくのエエバイクがボロボロです。子は親を選べないと言いますが、バイクもライダーを選べないわけで、ただただひたすらCBRちゃんを哀れむばかりです。(バイクは大事にしましょう。)

デジカメで遊んでいると、どーやら渋滞が解消され始め、車の流れもよくなってきました。なれた手つきで素早くデジカメを内ポケにしまい、通常走行へ。京都はもう少しです。プラン通りに事が運ぶか心配しながらも、色鮮やかな紅葉に期待して、アクセルを回すのでした。

次はやっとこさの京都入り「中編」です

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop