バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

ドライバーマナーに思う

先日、ポカポカ陽気の中ツーリングに行ってまいりました。レポートはまた後ほどということで、「ちょっとソレはないんでないかい」的なことがあったので、書いてみたいと思います。

車に道を譲った時

土曜ともあって大きな国道はかなり混んでいました。横抜けすればイイんですが、相方のバイクの横幅が大きいので自粛。車と同じように走っていたんですよ。

そこに一台の車が合流地点で本線に入ろうと待機しているのが見えました。僕としては無視してもよかったんですけど、このままだといつまでも合流できそうになかったので、譲ってみたんです。

今まで道を譲った時はドライバーさんが大概はクラクションを鳴らしたり手を挙げたり、またまたハザードをたいたりして「ありがとう」のサインを出すものなんですが、今回のドライバーは全く無視。僕らをスルーしてそのまま本線に合流しました。

ちょっとの気遣いで印象は変わるのに、ナゼそれが出来ないのか不思議。譲ったせいでムチャクチャ気分が悪くなりました。こういったドライバーマナーは車が運転できない小さいときから父に口すっぱく言われてきたので、僕の中では「やって当たり前」のことです。もう少し相手の気持ちを考えれんもんかと強く思いました。バイクだからって軽視されるのは不快です。

ちなみに、ちょっとガラの悪い車のドライバーに、ありがとう合図を出されるとちょっぴり嬉しくなるのは僕だけでしょうか?(小市民だからかな?)

あおらないで下さい

今回最も多かったのが、あおり。合計すると4回ぐらいで、一番ひどかったのが一本道でのあおりです。一本道だと前の車が遅ければ全体が遅くなるのでペースダウンするのは仕方ありません。

ですが、そんな状況で最後尾の僕らをあおる車がいました。バイクの車体にほぼベタ付けです。バイクの場合、ちょっとでも接触すると転倒の恐れがあるのでシャレになりません。さらに遅いのは僕らのせいじゃなくて、先頭車両のせいなので、あおられても・・・という感じです。

危なっかしいくてしょうがないので、左にバイクを寄せて道を譲ったのですがその車はもちろん何の合図もせずに爆進。前の車をまたあおって、挙句の果てには対向車線にはみ出して追い抜いていきました。車の横抜けは初めてデスよ。

一本道以外では二車線の道で、バイクの横スレスレを追い抜かす車もいてキケン極まりなかったです。先を急ぐのか飛ばしているのかわかりませんが車で対向車線にはみ出してまで追い抜いていくのは、ホント理解ができません。バイカーにもマナーの悪いのはいますけど、ドライバーもしかりです。

マナー一つで印象はずいぶんと変わりますから、是非とも気をつけて欲しいなと思います。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop