バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

奈良・吉野へ行く 後編

まだ喫茶店のモーニングがやっている時間に目的地に着きそうな雰囲気。早く着くのはいいが、早すぎるのも困ったもの。とりあえずバイクをそこらに停め、地図を見て道を確認することにしました。(ツーリングではよくある姿です)

・・ここでふと気が付いたのが、単に吉野へ行こう!と全員思っていたので、具体的にココ行こうというのは全く決まってなかったことです。いつになくオソマツな計画ですが、とりあえず地図を開いて「この辺に行ってみよう」と決めました。

AM11:00(さまよい中)

バイクを走らせること20分弱・・・

ただの道やないか

何の色気もありゃしない、ただの道路脇に到着しました orz

これでは悲しすぎます。しかもまだモーニングタイム。というわけで、目的地を「吉野の山らへん」に定め、再びバイクを走らせました。桜の季節にはその美しさに観光客が集まるというところらしいのですが・・・

見事なまでの冬景色・・・

・・・早すぎました。吉野の桜シーズンは一般的な桜開花の時期より遅れることを考えると、なお早すぎました。観光客は軽トラに乗ったオッチャンのみ。というわけで、どうしようかウダウダしていると、何となくお腹がすいてきました。

ここまでボコボコの内容となっているので、こうなればウマイモンが食べたくなるのが男の心理というもの。(定かではありません)と、ここで整備士さんが「俺んチの近くの焼肉屋とかどう?」と聞いてきました。何やらムチャクチャおいしいんだとか。

この提案を受け、僕とMはクチをそろえて「オマエん家が近いからやろがい。」とツッコミを入れたわけですが、他に店を知らないのもまた事実。選択肢が一つしかない我々は、三重にある焼肉屋さんに向かうことにしました。(メチャクチャうまい!と言われれば食べたくなるのが人間です。)

バイクを走らせることおよそ一時間。ようやくお店に到着しました。お腹の減り具合は水を失ったダム並みで、店の外観を撮影するのを忘れるぐらいでした。三人とも我さきにと店に入り、席に座ってメニューを閲覧。旨い肉ともあってかなかなかいい値段です。

腹が減っているとはいえ、ここはなぜか冷静になる三人。議論の結果、四人前のコースを頼むことにしました。

肉

四人前とは言え、空腹のヤロー共の前では風前の灯です。その灯を吹き消すかのごとく平らげてしまいました。旨いお肉で幸せイッパイになったのですが、そこでふと気になったのが、メニューの端にあったソフトクリーム。甘いモノは別バラとは言いませんが、ツーリングに行くと必ずソフトクリームを食べて帰るので、気が付けば注文していました。(我ながらデザートに弱い)

コーンに入れんかい

コーンに入っているのかと思いきや、フツーにinお皿。パイナップル味を頼んだのですが、感想は「うん、パイナップルやね。」でした。(可はなく不可があり)

ソフトクリームのことは忘れ、次はドコに行こうかと考えながら駐輪場に向かったのですが、天気も悪かったのでそのまま帰ることにしました。(あっさり)何だか景色を見にきたのか肉を食べにきたのかわからないツーリングでありました・・・。

総走行距離 約300km
給油回数 1回
実質燃費
(フォルツァ)
約27km/㍑
使ったお金 約5000円

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop