バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

使ってみて実感!グリップヒーターの凄さ

冬にバイクに乗った時、特に冷える部分が指先。かじかんだ指先はあらゆる行動の妨げに...というのはともかく、寒くて動けないのって不便ですよね。

使ってみてわかる、グリップヒーターの凄さ

そこで使ってもらいたいのがグリップヒーター。今のバイクには付けてませんが、以前にバイトしていたピザ屋さんのバイクについていたもので、よく使っていました。

まず、グリップヒーターは中にヒーターとなるモノが入っているため、通常のグリップより太くなります。僕は細めのグリップの方が好きなのでちょっと抵抗があったのですが、いざ走行してみると違和感は徐々になくなります。

では肝心の暖かさはどうなのか?というところですが、僕がピザ屋で体験したのは、かなり暖かいもので「High」と「Low」の二種類があり、「High」にするとグローブ越しでも熱いくらいでした。

そして気になる走行中の効果ですが、手の外側はさすがに変わりありませんが内側がポカポカして暖かい。「手のかじかみ」はどこへやらです。これほど効果があるものと思ってませんでした。

寒い時期にバイク乗るなら、つけて損なしと言い切れます。特に宅配の仕事は嫌でも外に出ねばならんので、めちゃくちゃ助かりました。

価格帯と工賃について

バイクの車種によりマチマチですが、大体メーカー品で

¥10,000~¥20,000

ぐらいに収まりそうな感じで、汎用品だと

原付用:¥4,000~
その他:¥6,000~

という感じです。価格の差は純粋に性能の差で、これについては各商品を比較してみたほうがわかりやすいですね。

工賃についてはバイク屋さんによりますが、¥5,000~6,000ぐらいでメーカー直営(という言い方でいいのかな)で\10,000前後らしいです。詳しくは行きつけのバイク屋サンに聞いてみましょう。

グリップヒーターを付けることで心配になりそうなこと

電力を使って発熱するわけですから、当然バッテリーへの負担が気になるところです。僕が体験する限りでは、バッテリー上がりになったことはなかったです。

色々と調べてみても、バッテリー関連のトラブルは懸念されている人はいましたが、結果として何も問題がなかった、というパターンが多かったですね、Google先生によると。

ただ、購入前に発電能力が低いバイクは避けてくださいと表記があるものもありますので、ちゃんと調べてからにしましょう。特に急速に暖める機能があるものは、比例して電力を使うので注意は絶対必要です。

どうしても気になる方は、メーカー純正品を選ぶといいでしょう。「バッテリー電圧監視システム」なるものがついているみたいです。詳しくは下記を見てみてください。(メーカー純正品が高いのはこのせい?)

グリップヒーター付けてる方、探していました。

自力で頑張ってつけている方もおられます。参考までにリンクを貼っておきますね。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop