バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

寒さ対策!バイクの冬ジャケットについて考えてみる

バイク乗りにとって最大の敵である寒い冬。体は震えるし手はかじかむし、軽く罰ゲームを受けてる感じすらあります。そんな冬にバイクに乗る時、いつも着てるダウンジャケットや冬向けのブルゾンを着ると、いつもより寒い!ということはないでしょうか。

原因は体感温度と風

ライダーは風に吹かれる環境にさらされるので、気温以上に肌で感じる温度(体感温度)が低くなります。

なので、「普段通りの服装をしてちょっと寒いかも」というレベルだと、バイクに乗ると100%寒いです。

それに加えて風。体感温度のソレではなく、服の隙間から入ってくる冷たい風が「どや?寒いやろ?」と言わんばかりに体を冷やしていきます。

この2つのコラボで、冬ライダーは常に寒さにさらされているわけで、僕の冬のバイク乗車率を著しく下げているんです。(寒いのむり)

「バイク用」は機能面は抜群。見た目は微妙。

気温が低い中で風に吹かれるのは仕方ないところですが、何とか風の侵入は防ぎたいところ。風を通さない素材の上着を着るのは基本ですが、バイク用となると少し仕様が変わってきます。

詳しくは後述するのですが、転倒時に備えたプロテクターが付いていたり、風の侵入を防いでくれるように出来ているものが多いので、ぜひバイク用を!と言いたいところなのですが、ビジュアル的にイケてない感じものも多いのです。

 

以前よりだいぶマシにはなっていますが、例えば目的地でバイクを下りて歩く時、ツーリングとかならいいでしょうけど、そうじゃない場合はなんだかなぁという感じがします。特にオシャレにこだわるライダーとかは。

冬用ジャケットには色々と工夫が!

とはいえ、寒いのは何とかしたいところ。多少ビジュアルが悪くても色々と寒さ対策の工夫がバイク用ジャケットにはあるのです。

抑えたいポイントは2点。ダブルフラップと言われる、前のファスナーのスキマ部分から入ってくる風を防ぐフラップ。ボタンでぱちぱち留めるアレです。

もう一つは裾から入ってくる風を体幹部分(背中とかお腹とか)に入らないようにするストームガード。体幹部分に風を浴びるとハンパなく寒いので重要なヤツです。

この2つでかなり風の侵入が防げます。

普段着用ダウンジャケットや皮のライダージャケットでもイケなくはないんですが、風の侵入がハンパないです。裾の下から風が吹き上げ最初は「ちょっと寒いな」と思っていたのが、途中から寒くてたまらなくなるんですよね。

風が入ってくるポイントは、袖口、裾、首周りです。袖口はグローブを被せる感じで着用すれば風は防げますが、裾と首はどうしても侵入されます。首はマフラーとかネックウォーマーで軽減できますが、裾だけは厳しいです。

なので、ジャケットを買うならこの二点は絶対抑えたいですね。襟が長いものであればなおよしでしょう。

バイクによって似合うもの、似合わないものがあります。

丈の長いロングタイプとショートタイプの二種類があります。

ぶっちゃけて言ってしまえば、似合う似合わないは人によるんですけど、ロングはオフ車。ショートはその他という感じでしょうか。

あくまで僕の主観なので参考までに。

シャレオツなジャケットを選ぶコツ

  • 1.カラダのラインにフィットしているもの
  • 2.単色でシンプルなもの

この二つに尽きます。ただ、冬場は中に着込んでいることが多いので、着込んだ状態で一度試着しましょう。試着は絶対にやりましょう。

あと、探している内に良い感じのジャケットがあったのでご参考までに。

あまりお金をかけたくないという人へ

とはいえ、ライダージャケットは比較的高価なので、有り物とか少予算で何とかならんかというところ。

そこで僕がたまに使うのは冬の上着の上からレインコートを着ること。風の侵入がかなり防げるのでだいぶマシになります。ただ、バイクを離れる時はワサワサと脱がないといけないので、ちょっとやりずらいという点は残ってしまいます。

そこで提案なのが、ストームガードを個別に買って冬の上着の下に着こむことです。(個別に売ってることにビックリ)

ちょっと腹巻っぽい感じはしますが、これなら着脱も楽だし、小さいですから脱いでもカバンに丸めて放り込めます。あとはネックウォーマーを買って備えればそれなりに暖かくすることができるでしょう。

このへんでまとめときます。

冬のバイクの天敵は「風」。それをどう防ぐかがポイントです。冬用のバイクジャケット(要件みたしたもの)なら、防寒性はかなり向上すると思います。寒いには変わりないんですけどね^^;

一方で予算が無いという人は、レインコートを着用してみたりやストームガードとネックウォーマーを個別に買ってカバーするという方法がベターです。バイク用ジャケットの効果ほどは期待できないですが、財布事情にもよりますしね。冬は何かと物入りですし。

以上です。本気で防寒するならインナーにもこだわるべきなのですが、それはまた別の機会に。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

う〜ん?

ぶっちゃけ、ちゃんとサイズを合わせればフツーのジャケより厚手だし、風邪の巻き込みが少ない分明らかに温かいよ。(ものにもよるだろうけどさ)

2007/10/03
センゴク

管理人のセンゴクです。
貴重なご意見ありがとうございます。

僕の認識不足であったことから記事に疑問に持たれて
しまったようで申し訳ないです。

ファッション性を追求しすぎて、やや偏った意見の記事に
なってしまいましたね。修正・加筆をして改善していこう
と思います。

ご丁寧にありがとうございました m(_ _)m

2007/10/04

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop