バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

取り締まり対策 警察車両編

バイクには(車でもそうですが)道路上に「天敵」と言っていい方々、警察。「市民の味方なのでは?」と言われそうですが、事故処理時以外では間違いなく天敵です。(あくまで「道路上」ですが)

違反すると、点数を引かれ反則金まで課せられるという悲惨な目に遭います。この事態だけは何としても避けたいところです。この記事では、警察車両への対策を解説していきます。

スピード違反

大きな国道を走っているとついスピードが出てしまうものです。大体そのような時は警察に注意をはらっていない時が多いですね。僕も不注意で何回か捕まってしまったことがあります。

ところで、スピード違反にも減点・反則金の段階があるのはご存知ですか?反則金に関しては普通車と二輪・原付で段階的に相場が変わってきますので、ここでは二輪のみを取り扱います。ではざっとご説明しましょう。(以下、速度超過と罰金の説明)

速度超過 減点 反則金
15km未満 1点 7000円
15~20km未満 1点 9000円
20~25km未満 2点 12000円
25~30km未満 3点 15000円

大体こんな感じです。これは僕の経験上の話ですが、15km未満で捕まる事はそんなにありません。ほとんど15km以上のケースが多いですね。というわけで、僕がバイクで走る時に気をつけているのは、こんなところです。

  • 制限速度よりプラス10kmの速度で走るようにする。(見逃してくれる事が多い)
  • 定期的にバックミラーでパトカーや白バイ、覆面をチェックする。
  • 横抜け、軽い追い越しをする場合は、必ずバックミラーで警察チェック。

この追い越しの場合ですが、一時的に速度が上がるので、その瞬間に捕まる時もあるのです。「追い越しやからスピード上がるのは仕方ないですやん。」という言い訳は聞いてもらえません。あっさり論破されてしまうので、要注意です。

信号無視

これには対策などはないです。無視、絶対、ダメ、です。これだけはやってはいけません。しかし、信号無視と扱われるパターンが一つだけ存在します。それは見切り発車です。

一般的に関西のドライバー・ライダーに多いとされているこの行為ですが、僕もたまにやってしまいます。一度、国道で見切り発車したときに、側道に隠れていた覆面パトカーに捕まってしまいました。「これ、何の違反になるんですか?」と聞いたところ、「信号無視やね」と冷たく言われたのを覚えています。

このケースで捕まると、「信号無視・赤色等」に該当し、減点2点と反則金7000円(二輪)を徴収されます。

はやる気持ちを抑えて、ちゃんと青になってから発車しましょう。(ホントに後悔しますよ・・・)

一旦停止・一時停止

道路に「止まれ」の表記がありますが、ここでは一旦停止しなければなりません。知っている人も多いので細かくは説明しませんが、ではこれはご存知でしょうか?

「一旦停止すべき場所の近辺に警官が身を潜め、停止しているかどうかチェックしている」

この行為自体、明らかに弱い者イジメにしか見えないのですが、捕まってしまうとなにも言い訳ができません。(違反は違反なので)

ですので、「まぁいいや」と思って停止せずにそのまま進むと、警察が出てくる場合があるので要注意です。(特に踏み切り付近は気をつけて下さい。)

避けるポイントとしては、一旦停止まではいかずとも、停止しない程度まで速度を落とせば大丈夫かと思います。(安全の面においても)

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

被害者

一旦停止・一時停止ですが…
一時停止線で停止しても、まだタイヤが動いていたと違反切符を切られました。
助手席には同乗者も乗っていて、同乗者も一時停止したこと確認していて、一時停止したことを主張しましたが、警察官が動いていたと判断されたら、例え停止していても警察官の認識次第で捕まることもあります。
本当に市民の味方ではなく、警察官の気分次第で捕まることもあるので、一時停止では少なくても2~3秒静止する方が良いこともあると思います。
みなさん、気をつけましょう!

2008/11/24

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop