バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

新車を買う方へ

バイクを買う前に一つ気になるのが、「新車か中古車かどっちにしよかな?」という悩みではないでしょうか。コストパフォーマンスを重視するなら中古車、新しいバイクが乗りたい・希望する車種が中古車にはないなら新車、という切り分けができますが、ここでは、新車購入について解説をしていきます。

新車のギモン

まだ誰も乗っていないバイクを買うのは特別な感じがしてイイものですよね。ただ、新車というわけですから価格も当然定価に近く、新車割引をやっているお店もありますが、中古車に比べると当然ですが高く感じる事でしょう。なので、新車にこだわりがあるかたは価格にはある程度我慢が必要ですね。

中古車もそうですが新車は慣らし運転をしなければいけません。まず注意点としてタイヤ。新品の状態ですからグリップが悪く、あまりバイクを傾けすぎると転倒する可能性があります。逆にフロントタイヤが新品だと思ったほど操作がしにくいので、無茶もできないと思います。このタイヤの慣らしの目安はおよそ100kmぐらい走行すればOKです。

次にエンジンです。あくまで目安ですが、バイクの排気量が400cc以下なら5000回転、400cc以上なら3000回転以上、総走行距離が1000kmを超えるまで上記の回転数以上に回さないようにしなければならないそうです。(これについてはバイク屋さんから説明があります)

回転数は遵守しなければならないのか?

結論から言うと、慣らし運転に最適な回転数を超えても大丈夫だそうです。要は、その回転数まで回すまでの過程が重要で、ジワジワと回転数を上げ結果的に規定の回転数を上回ったとしても、エンジン的にはそこまで負担がかかるものでもないそうです。

逆に、出だしから急激に回転数を上げた場合(一気にアクセルをあけた場合)これは、規定の回転数云々の問題外でエンジンに負担がかかるので大問題です。準備運動をせずに、短距離を全速力で走るのと同じですね。

慣らし運転を全くしなかったら?

皆さん疑問に感じる点であると思いますが、ザックリいくとしなくても最初は問題ないようです。ですが、長期的に見て、そのバイクを長く乗ろうとしているのであればその差は歴然で、慣らしをしたバイクとしなかったバイクでは後々のメンテナンス時に手入れする量が結構変わるみたいです。結論を言うと、そのバイクを長いこと乗るなら、慣らしをしましょうねということです。

まとめ

慣らし運転の内容をまとめると、

  • タイヤの皮むきに100km走行
  • エンジンには極力負担をかけないよう急加速は避ける

以上になります。僕も慣らし運転の経験があり、特にフロントタイヤを新品に交換した時はホント怖かったです。意外と忘れがちになる慣らし運転ですが、後々の事を考えてはやる気持ちを抑えてバイクに優しい走行を心がけましょう。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop