バイクスタイル バイカーのためのバイク情報サイト

バイクについて

一般的なバイクのイメージと言えば、「キケン」「ヤンキー」「尾崎」(?)と言ったところでしょう。もちろんバイク自体には色んな可能性やその逆の性質もありますので、一概にああだこうだとは言えません。ただ、「人」が乗るものなので、ライダーによってバイクの生きる道が大きく変わってきます。

バイクは危ない乗り物?

例えば、穏やかにゆっくり走るライダーなら、バイクもそれに従いますし、スピードを出すライダーならバイクもそうなります。車種にもよりますが、大よそで人が大きく影響しているので、最終的にはバイクが凶器になるのではなく、ライダーがそうさせるだけなんですよね。ですが、バイク特有のリスクもやはり存在します。

一番危険な要素として挙げれるのが、常に外気の影響を受け生身で走っている状態です。風によってモノが飛んできたり、明らかに相手に過失(不注意など)がある場合の事故などに遭遇すると、結構痛いケガをしてしまいます。

でもこういう状況に遭遇する頻度はそこまで高くありません。バイクは事故が多いと思われがちですが、大概は自身にも責任がある事が多いのです。つまり、個人個人の心がけで事故の芽をつみ取る事ができるんです。

バイクってドコが面白いの?

どこに面白さ・楽しさを感じるかには個人差がありますが、まず最初に楽しさを感じるのは実際に運転することでしょうね。自分のバイクで公道を走る時、あの何とも言えない緊張感と同時に湧き上がるワクワク感。一つ一つの動作に感動したり、風をきって走るあの感覚はバイク独特のモノです。

さらに最大の醍醐味といっていいのがツーリングです。バイクで遠出することというのは何とも不思議で、クルマで行くのとも電車で行くのともまた違った感覚があります。特別なイベントと言ってしまえばそれまでですが、これは一度体験してみないとわかりません。バイクを買ったなら一度はやっておくべきだと僕は思います。ハマれば、一度とは言わず毎年毎シーズン行きたくなりますよ。

次にカスタムです。バイクは車に比べて車体が小さいのでカスタムパーツにかけるお金も少なくて済みます。ただ、マフラー本体はクルマより高く、ビッグバイクのカスタムはかなり高いです。このクラスになるとほとんどのパーツが高くなりますので、お手軽とは言えません。ですが、トータルで考えると安く抑えれると思います。

バイクのメリット・デメリットは?

メリット

何といっても駐車場を借りなくてすむというところでしょう。大概の方は停めるスペースがあると思うので、これはメリットとなり得ます。(ない方、ごめんなさい)

あと、車体が小さいので渋滞もすり抜けられます。隙間がないくらい混んでいたら無理ですが少々の渋滞なら全然大丈夫です。(安全運転でお願いしますね)

デメリット

雨に弱い事です。もうこれは仕方ありません。カッパ着て乗るかもしくは雨の日は乗らないようにするしか方法がありません。それと、これは少し偏見かもしれませんが警察に目をつけられやすい点でしょうか。どうもバイクはスピードを出すと思われているので目をつけられるのかもしれません。

あとがき

以上、バイクについてご説明しました。良くも悪くも全てはライダーの意思やマナーで決まるバイクの印象。それぞれのライダーが良識あるバイク生活を送ってもらえればバイクの社会的地位が見直されるのかなと思います。危ないから・・・と見られるのはどこかでそういうイメージをもたれているということですから、一人ひとりがマナーを守っていかないといけませんね。

コメント・関連記事

この記事に関連した記事一覧"

この記事へのコメント

コメントする

お名前
コメント

トラックバック

pagetop